ミュゼは生理中どうなる?

MENU

ミュゼは生理中どうなる?

ミュゼ500円に予約を入れていて、急に生理になってしまった場合ですが、生理中でも脱毛できるのかどうかが気になるところです。ミュゼではショーツにかかっている部分、デリケートゾーン(V・I・O)、ヒップ以外であれば、生理中でも施術を受けることが可能です。Vライン脱毛コースは、生理の終わりかけでも施術をすることが出来ません。ただし、生理中は人によっては肌がデリケートな状態になっており、刺激に敏感になっています。いつもは感じない痛みを感じたり、気分が悪くなったりということにもなりかねませんので、自分の体調を相談して施術を受けるかどうかを決める必要があります。ミュゼでは当日キャンセルしてもペナルティなどは特にありません。

 

ですから生理が来てしまった場合は予約をキャンセルして、別日を予約することをおすすめします。タンポンなどをして生理中に施術を受けたとしても、施術の担当者にはほぼバレると思っておきましょう。生理中ということが判明した場合、デリケートソーンの施術はその場で中止になりますので、やはり生理になってしまった場合はキャンセルをして改めて予約を取り直した方が賢明です。ちなみに肌への影響を考えるならば、生理の前後一週間は空けて施術を受けるのが理想的と言えます。

 

生理中でも受けられる施術がある一方で、生理痛の薬を服用した場合は施術不可になります。ロキソニンなどの生理痛の市販薬を飲んでいる場合、施術すると思わぬ副作用が出る可能性があるため、ミュゼでは施術をしません。また低容量ピルなどを定期的に服用している場合ですが、医師に相談をして許可をもらえれば施術可能です。そのほかの薬に関しても服用している場合は、ミュゼに施術を開始する前に必ず相談するようにしましょう。秘密にしていて何らかの悪影響が出た場合、すべては自己責任になってしまいます。生理中の施術に関しては、マナーとして施術者に生理中であるということを申告しましょう。

 

ミュゼ500円の対象部位Vラインは、生理中だと施術できません。ご注意ください。